神戸旅行記(その1:南京町)
先週末、神戸に行ってきました。
元町で電車を降りて、とぼとぼと南京町へ。

から揚げ食べて、ニラ饅頭食べて、肉まん食べて、春巻食べて・・・って、食べてばっかりですね。
どれもおいしかったです。

昼ごろ、南京町の中央にある広場(画像参照)に、路上パフォーマーのおじさんがいたんですが、全身(服や帽子や靴まで)銀色に塗りたくって、鋼のロボットっぽくなってました。
ロボットの動きで手を振ったり、ピースしてたり、近づいてきた人と握手してみたり、突然「わっ!!」とか大声出して驚かせてみたり。
しばらくじ~っと見てても、全然飽きないぐらい面白かったです。

しかし、さすがと感心したとこは、一緒に写真撮ってもらったりすると、おじさんの足元にバケツが置いてあって、そこを指差すの。
バケツの中にはお金が入ってて、そこに入れてね♪ってことなんですね。

すいません、私、写真は撮ってないけど、タダ見でした。

(つづく)

b0025912_92455.jpg
[PR]
by yuji3125 | 2004-10-05 09:34 | できごと
<< 神戸旅行記(その2:ポートタワー) 仕事三昧。 >>